会員様の挙式に参列して感じたこと

縁活サロンネットワークの周藤 縁です。
昨日は縁活サロンネットワークの会員様の結婚式に参列させていただきました。
今までも披露宴はよくよばれていましたが、元会員様のお式は初めての体験でした。
今年1月に会員に戻ってきてから、彼女は最初のお見合いの男性とめでたくゴールイン



 

 

 

「運命の人と出会えた」と彼女は言っています。
その秘訣について検証してみたいと思います。

お申し込みしてくれた方とはできるだけお会いする


45才以上の婚活の場合これはとても重要なアクションです。なぜなら、お申し込みしてくれた時点でかなりの「ご縁」があるからです。何万人の中からどうして「あなた」を選んでくれたのでしょう?砂浜の砂の中から砂粒を一つ拾うように、あなたを選んでくれた理由を私なら知りたいと思います。それがたとえお写真とイメージが違ったり、ご自身の理想とは少しずれがあったとしてもです。宇宙が引き合わせてくれたお相手ということになるからです。

できればもう一度お会いする

 

お見合いは大体一時間くらいにしてもらっています。人間の集中力はさほど長く続かないし、もっとお話を聞いてみたいというところでやめておくというのが鉄則だからです。しかも普段行かないようなホテルのラウンジでスーツを着てのお見合いでどれだけお相手のことがわかるでしょう。
だから、私は「もう一度会いたいと思ったら必ずOKして2度目のデートをしてね」と会員様には口を酸っぱくして(笑)言っております。

 

日々の小さい出来事を相手に発信する

 

お付き合いが始まったら、LINEのやり取りなど頻繁にやりましょう。それは用事があるとかないとかそういうことではなくて、コミュニケーションですから、「今日はこんなランチを食べたよ」とか「こんなドラマを見てどう感じたか」とかそんな何気ない日常が良いのです。それをマメにメールやLINEで相手にお知らせする。そうすることによってお互いの共感力がとてもアップしていくのです。
今回の彼女は家が同じ環八沿いということがあって本当に頻繁にデートを重ねていました。

その結果がこれです。




 

 

 

素直に彼女は言われたとおりにしただけです。




素直さは最強です。


人生を楽しみましょう。