お付き合い実践編

山P退所から考える、トップアイドルの恋愛と結婚について

【お見合い結婚研究所】「山P退所」から考える、トップアイドルの恋愛と結婚について

 

11月になっても、何だか今年は“年末感”が感じられない今日この頃。2020年は、売れっ子芸能人が、あいついで事務所を辞めるというニュースが世間を賑わせました。元SMAPの中居正広さん、女優の米倉涼子さん、TOKIOの長瀬智也さんなどです。

 

そこへ今回は山Pこと、山下智久さんの退所のニュースが浮上。やっぱりね、と

思う方は多いと思いますが、我がお見合い結婚研究所は、そこからちょっと掘り下げて、トップアイドルや有名人の恋愛・結婚について考えてみたいと思います。

男性アイドルに許されない「恋愛」「結婚」という2文字

 

事務所退所と直接関係ないじゃん、と思われるかもしれませんが、イヤイヤどうして。

お気づきの方も多いと思いますが、有名人やトップアイドル(特に男性)って、

こと恋愛や結婚をすんなりと許されない境遇にあると思いませんか?

 

こんにちは。縁活サロンネットワークで『お見合い結婚研究所』の副所長を務める、鵜良鳥(ウラトリ)と申します。日頃、結婚についていろんな角度から独自に研究しているんですが、

第6回目は山下智久さんをはじめ、トップアイドルたちの事務所退所からアイドル自身の恋愛や結婚について考えてみたいと思います。

 

有名人の恋愛・結婚を制限するのは人権侵害!?

 

ここでちょっとおカタイコトを書きますが、皆さんは「憲法二十四条」を覚えていらっしゃるでしょうか?

 

【憲法二十四条】とは

婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本とし、相互の協力によって維持されなければならない。

 

配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

と、全面コピペで失礼します(苦笑) もちろんワタクシ、ウラトリも

何条か?までは覚えておりませんが、一応副所長なんで、婚姻が憲法上、全国民に平等に保障されていることは押さえていますとも。

 

男性アイドルって、この憲法で保障されている結婚の自由があるとは言えないのではないか? とワタクシ、ウラトリは思うわけです。

うきゃ~言っちゃった。でも、もうコレ、今に始まったコトではないですからね。

 

ネットニュースによると、山下智久さんも一時期、若手有名女優と半同棲していたとか、過去にも長瀬智也さんとトップ歌手の仲や、中居正広さんも局アナはじめ有名歌手との交際が取り沙汰されていましたよね。

 

ファンから反感を買うのを恐れて、婚期を逃す?

 

超人気アイドル(男性)って、完全に結婚適齢期を逃していますよね。

なんかねぇ、ウラトリ、不憫でならないわけです(TOT)

もちろん、ご本人たちも人気アイドルという立場でナットクして仕事して、

私生活でもアイドルを「務めて」いらっしゃるんでしょうけど、

 

人間だもの。(by相田みつを翁)

好きな女性ができたら、人目を気にせず愛し合いたいだろうし、

結婚もしたかったでしょうに…(TOT) イケメンでお金だってあるだろうに、

みんな、エ? というくらいアラフォー通り越して、五十路に手が届く人もいるんですから!! 結婚ぐらいさせてあげようよ~~~。

 

「推し」が未婚だから、私も♡なんていう幻想は捨てる!!

 

と、ここで当研究所の事務方、Mちゃんがチクリ。

「やっぱ推しに結婚されたら、超へこむし、推しが未婚ならワタシもこのまま♡って思っちゃいますう」と(Mちゃんは、高校時代から嵐の相場クンのガチファン)。

 

あんな~~(TOT) 推しは推し、アンタはアンタやで!!

(Mちゃん、関西出身なもんで)

もちろん、推しとウエディングベルを鳴らす「夢」を見るのは勝手ですが、

推しが未婚だからって、ずっとこのままご自分の結婚を棚上げにするおつもり?

 

推しは「スター」で男性ですから、いくつになってもお相手はワンサカ、

若い女性と結婚するなら、お子さんを得る確率も高いでしょう。

でも、我々パンピー(一般人)は違いますよ。

 

男性も女性も、年齢を重ねるほどに「自然にいい相手と出会う」ことは、難しくなりますし、現実的に不妊治療を受けている男性も増えていますからね。

 

ワタクシ、ウラトリも、そんなふうにイタヅラに年齢を重ねて、

婚期も妊活期もウ~ンと逃しまくった経験者だから言うんです!!

 

「推しは山Pなんです☆」と堂々と言える相手を探そう

 

お見合いから交際へと発展する決め手となるのが「価値観が一致した」「共通の趣味や話題があった」など、男女の共通点♡なんですが、

 

推しが好きすぎて~という方は、思い切ってプロフィールに書いてもよいのでは?

「趣味:アイドルのコンサートへ行く。グッズを集める」と書いたとして、

相手がモモクロとか坂道系が好きな男性なら、アナタとも話が合うかもしれません。

ここで「エ~、アイドルオタクの男性!?」と言うなかれ。

あの大リーグで活躍するマー君も、モモクロの大ファン♪

アイドル好き=オタクと決めつけるのは早計です。

 

それより縁活サロンネットワークに入会したら、もれなく主宰・しゅうとうゆかりが

占星術で二人の相性を占ってくれますよ(^_-)-☆

推しと似たような性格の人と出会えたりして!?(笑)

 

『お見合い結婚研究所』副所長・ウラトリ、また次回も婚活女子の皆さんに向けてさまざまなテーマを掘り下げていきます。それではまた、ごきげんよう、サヨウナラ。