婚活の最初の一歩

婚活ならテイカーとギバー 、どっちが正解?

突然ですが、あなたは恋人にサプライズをしたいですか?
それとも、どちらかと言えばされたいですか?

自分が溺愛する方が好きな人は
愛されるより愛したい、という有名な歌詞に共感出来ますよね。でも
「いやいや、待つだけの姿勢なんて無理!」という人もいます。

仕事でも同じように、あなたが率先して動いたり、
誰かの仕事を手伝っているせいで残業が続いてるとしたら、
「ギバー」かもしれません。

逆に、自分の仕事は与えられた分をしっかり処理して、
無駄を嫌うあなたは「テイカー」と言えます。

さて、あなたはこの
「ギバー」と「テイカー」の意味を知っていますか?

■あなたはどっち?ギバーとテイカー

あなたはこの「ギバー」や「テイカー」という言葉を聞いたことがありますか?
「ギバー」と「テイカー」、なかなか日常生活で聞かないかもしれません。

ざっくり意味を紹介すると、
「ギバー」は「与える人」
「テイカー」は「奪う人」
というタイプを指しています。

ギバーは自分の犠牲をためらわず、人に尽くすことを当たり前に行います。
そのため、ずる賢い人に利用されたり、大変そうなイメージを持つかもしれません。

テイカーは先にお伝えしたように、自分に与えられた範囲の仕事をきっちりこなすタイプです。
そういうと冷たい印象を持ってしまいがちですが、効率の良さや生産性の高さを誇るので、
仕事を任せて安心出来る人ですね。

ギバーとテイカーはどちらが良いか・優秀かというものではありません。
その人の人柄や、生き方の一部なのです。

ギバーとテイカーはそれぞれ別の喜びと悩みを抱えているのですから。

例えば、ギバーの場合、人に時間を割くあまり自分の時間を持てなかったり、
テイカーは自分が予期しない範囲の出来事に見舞われるとストレスを感じてしまうなどですね。

ところで、仕事でもそうですが…そろそろ冒頭のお話に戻るとしましょう。

そんなギバーとテイカーは、ソウルメイトと出会う重要な鍵を握るのです。

■理想のパートナーと出会うならギバー?それともテイカー?

あなたは、尽くすギバーと
愛されるテイカー、どちらがソウルメイトと出会えると思いますか?

でも、Noヒントでは困ってしまうかもしれませんね!

では、まずビジネスで成功する性質が高い方から発表しますね。

結論から言えば、ビジネスで成功する方は
ギバーです。

「ええ?残業ばっかり、自分は後回しなのに??」と
あなたは思ったかもしれません。

確かに、今に注目すればそうかもしれません。
ですが、長期的な目で見ると、ギバーは目に見えない「あるもの」を積み重ねるからこそ、成功を手にすることが出来るんです。。

それは「信頼」です。

困った時、助けが欲しい時に、見返りなく助けてくれた人がいたら、あなたはどう思いますか?
お金がない時に、ランチを奢ってくれた人はどう見えますか?
終電がなくなった時、家に泊めてくれた人に何を感じますか?

ほとんどの人は、「感謝」と「信頼」を寄せるのではないですか?

もう分かりましたね?

これが「ギバー」の強みなんです。

露骨に見返りを求めない人に、あなたは今度はこの人を自分が助けたい、
困った時に力になりたいと感じてしまいますよね。

ギバータイプは、次第に人を寄せ付け、味方を自然と増やし引っ張っていく力を育てることが出来ます。

もちろん、テイカーも成果を挙げることは出来ますが、長期よりも短期的だったり、人に何かをしてあげるという行為に喜びを感じないので、積極的に関わらずそもそも機会に参加しません。

テイカーにはテイカーの幸せや、理念があるので一概に悪いわけではありませんが、他者に自分から与える側であるギバーの方が、自然と人と人との繋がりが固いものになるのもうなずけるのではないですか?

ソウルメイトと出会うというミッションでも、どちらかといえばギバーのマインドで、自分だけの希望や条件を押し通さず、縁があった人のために時間を使う意識を持つと良いかもしれませんね。

■ギバーはソウルメイトと出会うために良いことづくめ。でも、注意!

良いことだらけのギバーに見えますが、注意も必要。

ギバーの弱点は、他人に依存してしまうことです。
他人に依存してしまうということとは、自分のために人に尽くしてる状態。

その人に尽くすことが自分の喜び、この人もきっとそう!と自分の喜びだけを投影してしまうと、相手も重く感じてしまいますし、自分ばかり構って
あなたが自分をなおざりにすることを希望していないと地獄のようなカップルになってしまいます。

相手は重すぎるギバーから逃げてしまいますし、
ギバーも喜んでほしいだけなのに!とショックを受けてしまうので、とてもソウルメイトとは言えませんよね?

ですので、もしあなたがこれからギバーを目指すのなら、相手を思いやって、自分も無理をしない!ということを意識してみてくださいね。

■実は、ギバーとテイカーだけじゃない!マッチャーって知ってる?

ギバーをしながら、自分を守るテイカーなんて出来る?とあなたは感じたかもしれません。

ですが、実はギバーとテイカーの他に「マッチャー」というタイプが存在するんですよ。

マッチャーは、まさにギバーとテイカーのハイブリッド。
ギバーにはテイカーになり、テイカーにはギバーになるという人によって役割をチェンジするのです。

そもそも、誰だって貰うだけがいい、与えるだけがいい、なんて
白黒つけにくいですよね。
甘やかしてばかりの人も、心のどこかでは自分も甘えたいもの。
ですが、「自分には似合わない…キャラじゃない…」と押し殺してしまうのです。

ですので、この「マッチャー」というマインドを心にとめて、
「今日は交際相手にギバーになる!」
「たまにはテイカーになって、自分の気持ちを聞いてもらおう!」と
お互いに共有して、ゲーム感覚でチェンジしてもスパイスになるかもしれません♪

■大切なのは、自分の限界を自分で決めないこと

ここまで読んでくれたあなたがもし、
「自分は人に尽くすタイプだから」
「何か企画したり計画を立てるのは、キャラじゃない…」と
限界を自分で決めてパートナーに遠慮をしていたとしたら、少しでも一面性だけじゃない自分の存在を感じてもらえれば幸いです。

人と人との付き合いなので、驚きや悲しみの連続だったり、傷つけられることもあるかもしれません。
ですが、尽くしたり、楽しんでもらおうと思って行動したらその分だけ、幸せや喜びの結果が付いてきますよ^^

お見合いを受けるのも、ソウルメイトを探すだけでも一歩踏み出す勇気がいりますよね。
でも、その一歩、そして二歩目を踏み出せるのはあなたしかいません。

あなたを幸せに出来るのは、本当の意味ではソウルメイトではなく、あなたしかいないのですから。

あなたが自分に対して、ギバーであり、テイカーでいられるように
限られた時間を無駄にすることだけはしないでくださいね!

それでは、さようなら。